早めのトレーニング

あと二週間で三歳になる息子がいます。トイレトレーニングは、息子が産まれたころから周りの親戚に早い方がいいと言われ続けてきました。生後半年ぐらいで何とか座れるようになりますが、本来ならそのころから排泄の意味を分かっていなくともトイレやおまるに座らせるという行為をしていった方が早くにおむつがとれると言われていたのですが、私が息子のトイレトレーニングを始めたのは一歳を過ぎたころからでした。

とにかく、一日中タイミングを見計らってトイレに連れて行く必要があります。ママ友の中には午前中のうちに疲れ切ってしまってなかなかトイレトレーニングがうまくいかない人もいました。私は、とにかくどこに行くにもパンツで出かけていくようにしていました。そうすれば、気持ち悪いとか、この場所はトイレをする場所ではないということがわかるのではないかと思ったからです。二週間ほどたつと、ほぼおおしっこが出る前に教えてくれるようになりました。ただ、まだまだ自分のタイミングというものがわかっていないのか、少し漏れていることも多かったです。

そして、そこから悩んだのはうんちの方です。これに関しては、結構時間がかかりました。これもタイミングをつかむまでが大変でした。うんちをしたいときお腹が痛くなることがあるらしく、腹痛を訴えてきます。そんな時に、お腹が痛いときはうんちだよ、と教えました。そうすると、それが刷り込まれたのか、お腹が痛いと感じるとトイレに行くようになりました。子どもによってトイレトレーニングの時期やタイミングを見ることも大切ですが、始めるのであれば早めの対処でトイレに連れて行くことが一番早くおむつがとれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です